Love・Lion・Life

獅子座からやってきた調査員れおにすがいろんなことを調べて、愛を持って書き綴るだけのブログ

テレビ番組 男性タレント 芸能

『真田丸』の山本耕史!?胸の筋肉すごい!?筋トレ方法を公開!?石田三成の作り方!?

『真田丸』がクランクアップした俳優の山本耕史さんが「スタジオパーク」に出演されていましたね!現場でのお話や役作りについてのいろんな話が聞けてオトクな回でした。

 

ご乱心がデフォルトのれおにすです(´・ω・`)ノ

 

山本さんの石田三成はカッコイイですよね。やっぱり女性ファンが多い印象でした。

女子学生にとって歴史の勉強にもなっているというのは面白い話でした。

 

それはそうと、あの筋肉…すごいですよね。

 

いったいどうやってあの筋肉を作っていたのでしょうか。

 

山本耕史さんの石田流「腕立て伏せをするときの工夫」とは

山本耕史 筋肉

山本さんが番組内で披露していた方法は、なんと「腕立て伏せ」です。それも、ただ腕立て伏せをするだけではありませんでした。

腕立て伏せをするとき、「床より下に体を沈めることはできませんよね」と言っていました。そりゃそうだよなーと思いますよね。

山本さんは、手を付く場所に雑誌等を置いて高さを出し、さらに体を下へ沈める腕立て伏せをしていたそうです

udetate_man-300x189

これなら忙しくてジムに行けない人でも、しっかり筋トレできますよねぇ・・・!

(´・ω・`)さすがは石田さまや!

 

 

堺雅人に「バカか!?」と言われたこだわり

山本耕史 堺雅人

堺雅人さんと山本さんは、よく飲みに行ったりするくらい仲良しらしいのですが、飲みの席で、数カ月前から体を作っていることを「バカかお前は!?」と言われたそうです。本気で怒られたわけではなく、こだわりが強すぎる役者仲間への賛辞のようなものらしいですね(;´∀`)

 

筋トレもさることながら、食事に関しても鶏肉を中心としたメニューにしていたそうです。脂っこいものも一切食べずに、脂肪を落とし、体づくりを仕上げていったのだと言います。戦国武将なのだから、体を作っておく、というのは当たり前だけど、すごいこだわりですよね。こうしたこだわりが役にリアリティを持たせていくんですね。

 

 

山本耕史の石田流「役作りの工夫」とは

石田三成 山本耕史 役作り

俳優さんは、体づくりも役作りにおいて重要なことです。

ですが、山本さんは実際に演じるとき、あることを課題にして役作りをしていたと明かしていました。

 

それは、「できるだけ動きを減らして、動かずにセリフを言う」ということです。

 

役者さんってみんなエネルギーが有り余っていて、体の感覚に素直な人たちなのです。

ましてや、山本さんは音楽もやっている方なので、「ノリ」や「直感」を大切にしているはずなんです。逆に言えば、セリフのときに動くことで、役のヒントを掴むタイプの役者さんであると言えるでしょう。

 

そこをあえて、動かずにいたことで、石田三成の合理的な性格や切れ者の人物像を表現できたのではないでしょうか。

山本さん本人は。「動かずにセリフを言うことがこんなに大変なことだとは思わなかった」とも言っていました。

やっぱり苦手だったんですね…w

 


 

9月には白井晃さん演出の「マハゴニー市の興亡」で主演する予定とのこと。舞台に、ドラマに、映画に、音楽にと大活躍の山本耕史さん。「ひとつのジャンルにこだわらないパフォーマーでありたい」とも語っていました。俳優だからこうあるべき、みたいな型にはまらない徹底した努力タイプの俳優さんなんですね。

 

堀北さんを射止めて、チキショーメ!と思ってましたが、なるほど!と思わせる人物なのだとわかって、さらにチキショーメ!!ですよ。まったく。

(´・ω・`)うそうそ!がんばってくださいね!(棒読み)

 

-テレビ番組, 男性タレント, 芸能
-, , , , ,