Love・Lion・Life

獅子座からやってきた調査員れおにすがいろんなことを調べて、愛を持って書き綴るだけのブログ

ビジネス 技術

国産旅客機MRJとは!?テスト延期は空調システム不具合?!お披露目はいつごろ?!

三菱航空機が開発中の「国産旅客機MRJ」がアメリカへのテスト飛行を予定していましたが延期となったようですね。空調システムのトラブルのようですが、具体的には不具合が生じるのでしょうか…

 

どうも、れおにすです(´・ω・`)ノ

 

かなりのハイスペック旅客機との評判らしいのですが、空調システムの不具合と聞くと「え、エアコンの調子悪いの?それだけで飛べないの?」なんて素人的には考えてしまいます。

 

でも、飛行機作ってる人って間違いなく自分よりも頭がいい人たちなので、きっと重大な事故に繋がるのだと思います。(なんだそりゃ)

というわけで、どのくらい重大なことなのか気になったので調べてみました(´・ω・`)ノ

 

国産旅客機MRJとは

MRJ 1号機

2007年頃にはすでに企画と構想が立ち上がっていたらしいです。ということは10年近く前からMRJの開発は計画されていた、ということなんですね。

 

当初の呼び名は、「環境適応型高性能小型航空機」だったようです。

なんだか庵野監督が明朝体で書きそうな名称ですね…。

ちなみに、MRJは M:三菱 R:リージョナル J:ジェット の略。

 

リージョナルって「地域」という意味です。三菱の地域型飛行機…うーん、近場を飛ぶ飛行機ということでしょうか。

近距離型ジェット機と考えるほうが素直かな?

 

世界各国に向けて400機売り出す予定で、国内には32機配備されるらしいですよ。

試作機は5号機まで開発されていて、今年中にテスト飛行が開始される予定になっています。

空を飛ぶ勇姿を早く観てみたいものです。

 

旅客機の空調システムの役割と重要性

MRJ 空調

不具合のあった「空調システム」ですが、一般的に考えれば、エアコンのことですよね。

普通のお家なら、温度調整がままならない程度でしょうが、高度1万メートル以上を飛行するので、同じように考えてはいけませんよね。

 

飛行機の空調は主に、「与圧」「換気」「温度調節」の3点を司っていて、特に「与圧」は重要らしいですね。

 

「与圧」とは…

与圧(よあつ)とは、圧力を与えること。とくに、乗り物の内部を一定の気圧に保つことを指すことが多い。

高高度を飛行する航空機や、宇宙空間にある宇宙船や宇宙ステーションのように、機体外の大気が希薄あるいはゼロの空間では、機内の酸素分圧を人間が生存できるレベルに保つ必要がある。このために、酸素マスクを用いるか、室内全体を加圧するかのいずれかの手段が多く採用されている。後者が与圧と呼ばれる。

引用元:wikipedia

つまり、高いところを飛んでいる間、飛行機の中、客席や操縦席などの気圧を日常活動ができるくらいにしておく必要があるということです。ちなみに、この空調システムが壊れて、気圧が維持できなくなると、人間は数秒で命にかかわるくらい危ないらしいですよ。

 

換気や温度調節もまた同じくらい重要なことです。外の空気は薄いけど、飛行機内部は乗客、パイロットがちゃんと呼吸できるくらいの空気を確保しなくてはいけませんし、機内の温度もまたしかり、です。

 

飛行機の空調システムって相当すごい機能を秘めているんですね…。

何も知らないで乗ってました…(´・ω・`)唖然

 

お披露目はいつごろ!?

まだテスト段階なので、正式にはいつごろなのかは発表がされていないようですね。

ですが、来年2017年あたりには初号機がその姿を見せてくれそうです。

 

以下、三菱航空機の森本浩通社長のインタビューより。

9―10月の初飛行と2017年第2四半期(4―6月の初号機納入に向け特にマネジメントやリスク管理の手法で私の経験が生かせると考えている

引用元:https://newswitch.jp/p/978

 

他の企業にかなり遅れを取っているようですが、その分完成度の高いMRJを期待しましょう!

-ビジネス, 技術
-, , ,