Love・Lion・Life

獅子座からやってきた調査員れおにすがいろんなことを調べて、愛を持って書き綴るだけのブログ

国内ニュース 音楽

芥川作曲賞の渡辺裕紀子さん!!「折られた…」の意味は?!いったいどんな曲なの?!

渡辺裕紀子さんという方が「芥川作曲賞」を受賞されたというニュースを見ました~!

そんな賞があったのですね。知らなかった。それはそうと、受賞した曲名が「折られた…」というのですが、これまたシュールなタイトルですなぁ…。

 

どうも、れおにすです(´・ω・`)ノ

 

今回は、渡辺裕紀子さん「芥川作曲賞」受賞曲の「折られた…」とわからないことだらけ!

ですが、気になったら眠れないタチなので、調べてみることにしました…!

(´・ω・`)ソワソワ

 

「芥川作曲賞」ってどんな賞?!

芥川也寸志さんという太平洋戦争後に、日本の音楽界にとても貢献した人がいたそうです。その方のお名前からつけられた賞のようです。

 

以下、公式サイトより引用。

戦後のわが国音楽界の発展に多大の貢献をされた故 芥川也寸志氏の功績を記念して、日本作曲家協議会の支援を得て1990年4月に創設しました。わが国の新進作曲家のもっとも清新にして将来性に富むオーケストラ作品を対象に、演奏会形式により公開選考を行うという、作曲賞としてはわが国で初めてのユニークな試みとなっています。

引用元:http://www.suntory.co.jp/sfa/music/akutagawa/

実際に演奏して、選考を行うことが、日本初だったというのが驚きです。

それ以外の賞は、どうやって選考していたのでしょうかね・・・。

芥川作曲賞

この方が芥川也寸志(あくたがわやすし)さん。1989年の1月に亡くなられています。

映画音楽やCM音楽も手掛けていて、幅広い活躍をされたそうです。芥川龍之介さんではありませんよ。念のため。

しかし、ちょっとした二枚目ですよねぇ…(´・ω・`)

 

渡辺裕紀子さんってどんな人?

わたなべゆきこ

受賞おめでとうございます

 

渡辺さんは、1983年生まれの長野県出身です。

いわゆるクラッシック音楽だけでなく、能と現代音楽をコラボさせたり、パフォーミングとの融合にも挑戦しているようです。

そうした活動が認められ、海外の音楽大学にも在籍されたりと、その活動は日本に留まらない世界を股にかける音楽家なんですね。

 

受賞曲「折られた…」の意味は?どんな曲なのか!?

折られた 意味

絶対これではないと思う

 

受賞した曲「折られた…」ですが、もうタイトルからして、なんか普通じゃないぞ!って思わせますよね。この意味について、語っている情報がないか、いろいろ探してみましたが、全く出てきませんでした!!

(´;ω;`)ごめんなさい~!!

 

ですが、数年前に渡辺さんが自身の作品について語っている記事がありました。

私が提供するのはフレームだけ。

本来音楽には大きな力があって、それを通して人は創造の世界へ旅立つことができる。

私は、音楽は聴く人の意識によって変化するものだと考えている。

引用元:http://www.tokyo-ws.org/creator/w/post-717.shtml

つまり、聴く側にも考えたり、感じたりすることを課しているということでしょうか。

 

ただ、座席や、家のソファにだら~っと座って、安心して聴くのではなく、観客の心をざわつかせるような、そんな曲なのかもしれません。

 

もしかしたら、「折られた…」という曲は、観客ひとりひとりの記憶や人生の中で「折られた…」という体験を呼び覚ますものなのかもしれませんね。

 

ただ、ヒントになる情報がひとつありました。

渡辺さんの「折られた…」は、武満 徹」という作曲家のオマージュをやっていたそうです。

武満徹といえば、「不協和音の美」を音楽にして、新しい音楽を切り拓いた人のようです。

「折られた…」は、やはり一般的なクラッシック音楽のような曲ではなく、実験的なチャレンジャー的な楽曲であると思われます。

聞いてみたいですねぇ!

 

ご参考までに武満徹さんの楽曲をどうぞ。

これもかなり変わってますね:(;゙゚'ω゚'):

 

-国内ニュース, 音楽
-, , , ,