未分類 芸能

芳根京子の演技力やばい!モンダージュでの評判は?オーディションで会いたくないNo.1女優の意味とは!?

2017/01/12

Sponsored Links

モンタージュ 未来役

芳根京子さんは『ラスト♡シンデレラ』で女優デビューを果たして以来、

着実に女優としての足場を固め、演技力にも定評があり、

常に、その配役に注目があつまる女優さんです。

 

見た目的には、おっとりした雰囲気の女優さんで、

何の苦労もなく、健やかに育てられたお嬢様なイメージですが、

実は、呼吸器の重い病気を患っていた過去があり、それを克服し女優になった人なんですよね。

 

芳根さんのブログを見ても、いつも朗らかなイメージで

そんな暗い過去を匂わせるような記事もなく、

健全そのものといった印象すら受けます。

 

本当の芳根さんはいったいどんな女優さんなのでしょうか。

 

Sponsored Links

芳根京子さんのプロフィール! 病気を克服したのはいつ?!

芳根京子 モンタージュ 評判

芳根さんは、1997年2月28日生まれで、

生まれも育ちも東京都です。

 

幼稚園ではピアノ、小学校ではフルートと

音楽が近くにある生活を送っていたようです。

 

中学校2年生のときに、「ギランバレー症候群」を発症し、

1年間ほど学校に通えない時期があったそうで、かなり辛い思いをしていたようです。

 

呼吸器だけでなく、力が入らなくなり、

歩行にも影響が出たりするくらいの難病で、

国の特定疾患にもなっている病気なのです。

 

その後完治することができ、

「命の重さを実感した」と語っています。

その体験が、あの演技力や表現力の源になっているのではないでしょうか。

 

3億円事件を題材にした「モンダージュ」に出演!その演技に注目!!

 

モンタージュ ヒロイン 芳根京子

「土曜プレミアム・モンタージュ~三億円事件奇譚~前編」では、

芳根さんは、主人公の幼なじみ・小田切未来(オダギリ ミク)役として出演しています。

 

冒頭での演技では、主人公との距離感と関係性、

未来のキャラクターをしっかり演じていました。

 

芳根さん演じる未来は、やってもいない殺人事件の容疑者に仕立てあげられてしまいます。

 

福士蒼汰さんとの掛け合いも絶妙で、

若手とは思えない思い切りの良い、歯切れのよい演技を見せてくれました。

 

決してお約束ではない演技に、観てる側はどんどん物語に引きこまれてしまいますね!

 

オーディションで会いたくない女優と言われた過去とは!?

売れている女優、そうでない女優にかぎらず、

みんなオーディションを勝ち抜き、大役を手に入れます。

 

芳根さんは、『表参道高校合唱部!』のオーディションで

1000人以上の応募者の中から、たったひとり勝ち抜いた実績があります。

 

同世代では、芳根さんを超える演技力とルックスを持ち合わせている女優は、

ほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。

 

オーディションの会場で芳根さんを見かけた他の女優の卵や、

そのママさんや、マネージャーさんは絶望したらしいです。

 

それほどまでに、図抜けた演技力を持っているのです。

10年後、20年後、着実に女優としてのキャリアを積むことで、

将来、日本を代表する女優のひとりになることは間違いないでしょう。

 

 

Sponsored Links

-未分類, 芸能
-,