イベント

金沢まつり花火大会2017が雨で中止の可能性は?延期の日程など!

Sponsored Links

 

どうも!れおにすです。

鳥人間コンテスト面白かったですね。

まさか40キロも飛ぶなんて

驚きでした。

いつかチケット取って

実際に見に行ってみたいところです。

でも滋賀県まで行く時間あるかな~!

 

さて、もうすぐ

金沢まつり花火大会ですが、

なんだか天気が怪しくなってきました。

 

雨が降った場合は中止になってしまうのでしょうか。

延期の日程なども合わせて調べてみました。

 

Sponsored Links

 

金沢まつり花火大会2017の概要

 

まずは金沢まつり花火大会の

概要をチェックしておきましょう。

 

イベント名:第43回 金沢まつり花火大会
開催日程:2017年8月26日(土)
開催時間:19:00~20:00
開催場所:海の公園沖(神奈川県横浜市金沢区)

 

会場までのアクセス

・京浜急行「金沢文庫駅」から徒歩20分
・金沢シーサイドライン「海の公園南口駅」から徒歩1分
・金沢シーサイドライン「海の公園柴口駅」から徒歩1分

 

3駅も利用できるので見に行きやすいですね。

打ち上げ数は約3500発で

昨年は25万人くらいの人が

訪れたそうです。

かなり混雑が予想されますね。

いい場所でゆっくり観たいものです…。

 

雨が降った場合と延期の日程は?

 

金沢まつり花火ですが、

雨で天気が大荒れになった場合は

大会自体はどうなるのでしょうか。

 

確認したところ、

荒天時は中止となっています。

今年は数カ所、花火大会を回りましたが

多少、雨に当たることもありました。

小雨や普通にパラパラ降る程度なら

開催すると思われます。

 

先日の多摩川花火大会のように

落雷や暴風、強雨になった場合は

中止になると思われます。

 

また延期の日程について調べたところ、

「延期はなし」とのこと。

 

つまり、8/26に雨で中止になった場合には

2017年の金沢まつり花火大会は開催されない!

ということになります。




 

日曜日も関東の天気が悪そうなので、

もしも延期したとしても、

やっぱり雨に当たりそうですが…。

 

今からてるてる坊主を作ってお願いしておきましょうか…。

 

2016年の金沢まつり花火大会の様子

 

 

みなさん夜なのにうまく撮影されますよね。

今年もこんなふうに

楽しく見物したいものですね( 'ω' )ノ

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

Sponsored Links

-イベント
-, , ,