その他エンタメ アニメ・特撮

インサイドヘッドの意味と原作は?声優キャストやあらすじについても!

 

どうも!れおにすです٩( 'ω' )و

ディズニーの「インサイド・ヘッド」が

地上波で放送されるらしいですね!

 

予告編を見たところ、

子供向けかと思いきや意外と大人向けなのかも…

という印象がありました。

 

「インサイド・ヘッド」の意味や原作があるかどうかについて調べてみました。

 

Sponsored Links

 

インサイド・ヘッドのあらすじは?

 

インサイド・ヘッドのあらすじを調べてみたところ

こんなお話でした。

 

インサイド・ヘッドはライリーという

11歳の女の子の頭の中にある感情のお話。

 

感情がキャラクター化されており、

喜びや悲しみといった感情たちは

日々「ライリーを幸せにするため」に活動している。

 

ライリーは家族とミネソタの田舎町にいたけど、

父親の仕事でサンフランシスコ(都会)へ引っ越すことになる。

 

環境の変化によって引き起こされるトラブルと

感情たちのミスにより、ライリーの心が壊れはじめ、

家族との関係や学校生活に支障をきたすようになる。

 

そんなライリーを助けるために感情たちが

悪戦苦闘しつつ、ライリー自身の心も成長していく

 

 

ストーリーだけ泣ける!!

これは面白そうですね~((o(´∀`)o))ワクワク



 

インサイド・ヘッドのタイトルの意味は?

 

「インサイド・ヘッド」というタイトルですが、

英語なのでわかりやすいですね~!

「頭の内側」と訳せるので、まあそのままかなと。

 

ですが、アメリカで上映されたときの

本来のタイトルは

「Inside Out」

「裏返し」という意味になります。

 

これは物語の核心をついたタイトルですね。

悲しみの感情は一見ネガティブな感情に

思えるけど、実はいい部分もあるよね!

ということかな。

 

世の中の現象や物事の価値観は

決して一面だけ見ていてはわからない。

表裏一体なのだという意味もあるような気がします。

これはなかなかシンプルで深イイタイトルですね~!



 

インサイド・ヘッドの原作は?

インサイド・ヘッドには原作となる

マンガや小説があったのでしょうか。

 

調べてみたところ、インサイド・ヘッドには

原作となる作品はありませんでした。

ディズニーのオリジナル作品ということになります。

 

しかし、かなり酷似している作品あるようです。

日本のマンガで

『脳内ポイズンベリー』という作品があり、

主人公の脳内に人物がいて会議するという点で

設定が似ていると話題にもなったようです。

 

インサイド・ヘッドの公開前に

日本では「脳内ポイズンベリー」

真木よう子さん主演で実写映画化されています。

こちらも気になりますね!

先に言っておく。

私は真木よう子がかーなーり好きだ。

おっと今回はインサイドヘッドでしたね。

いかんいかん。



 

インサイド・ヘッドのキャスト・声優は?

 

最後に、インサイド・ヘッドの吹き替えを担当している

キャストさんを載せておきますね!

 

以下、

<役名>日本語吹替の声優(字幕版の吹替声優)

となっています。

【キャスト】
<ヨロコビ> 竹内結子(エイミー・ポーラー)

<カナシミ> 大竹しのぶ(フィリス・スミス)

<イカリ> 浦山迅(ルイス・ブラック)

<ムカムカ> 小松由佳(ミンディ・カリング)

<ビビリ> 落合弘治(ビル・へイダー)

<ビンボン> 佐藤二朗(リチャード・カインド)

<ライリー> 伊集院茉衣(ケイトリン・ディアス)

<パパ> 花輪英司(カイル・マクラクラン)

<ママ> 田中敦子(ダイアン・レーン)

 

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/30907647/

 

当日の放送が楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました( 'ω' )ノ

-その他エンタメ, アニメ・特撮
-, , , ,