アニメ・特撮

ウルトラマンジードのライハを止めた光は誰?ストルム星人の正体も気になる!

Sponsored Links

 

どうも!れおにすです。

土曜の朝の楽しみはやっぱり

ウルトラマンジードですねえ。

朝ごはん食べながら拝見しています…。

 

ウルトラマンの

古くからのファンにとって

タイラントの登場は

かなり胸熱でしたね!

あっさりゼロビヨンドにやられましたが…(泣)

 

ところで最後の

伏井出ケイとライハの対決。

伏井出ケイにトドメをさそうとした

ライハを謎の光が制止しました。

 

あの光の主はいったい誰なのでしょうか。

またゼロが言っていたストルム星人とは何者でしょうか。

 

気になったので調べてみました。

 

Sponsored Links

 

鳥羽ライハとは

リクと同い年19歳で

ウルトラマンジードのヒロイン。

 

剣で戦うことを得意としていて、

リクに戦い方を教えたり、

トレーニングの先生をしている。

 

過去に伏井出ケイに襲われ、

ライハの両親はそのせいで

命を落としている。

 

そのときに、ライハには

リトルスターが発生して、

そして消滅しています。

 

強い精神力と戦闘力を

持っているけど、

女性らしさや

脆いところも垣間見せる

素敵なヒロインです。

 

ライハを止めた光の正体は?

 

ライハはついに伏井出ケイを追い詰めました。

トドメをさそうとしたその時、

謎の金色の光がライハを止めたのです。

 

地下基地に戻ってから

リクがなぜトドメを刺さなかったのか

と聞きました。

 

ライハは

「声が聞こえた…。」

『やめなさい。君がすべきことじゃない』

と言いました。

 

この声について様ざまな憶測が飛び交っています。

 

死んだ両親の声?

消えたはずのリトルスター?

などなど…。

 

しかし、最も有力なのは

ウルトラマンキングではないか?

という説です。

 

これからのストーリー展開で

その声の主も解明されてくることでしょう。



 

ストルム星人の正体とは?

 

ライハがトドメを刺さなかったため

伏井出ケイは逃げてしまいました。

 

それを追いかけたゼロ/レイトでしたが、

赤いバリアに阻まれてしまいます。

 

そのときゼロが

「ストルム星人か…!」

と口にします。

 

ストルム星人という宇宙人は

過去のウルトラシリーズには登場していない、

新たな宇宙人であることがわかりました。

 

伏井出ケイはストルム星人です。

どんな宇宙人なのか、元ネタを調べてみました。

 

ツイッターの書き込みに

アーサー・C・クラークの小説に登場する

「ストルムグレン」というキャラクターが

元ネタではないか?

という指摘がありました。

 

では、「ストルムグレン」とは

何者か調べた所…

 

登場作品は『幼年期の終り』。

第1部「地球とオーバーロードたちと」

に登場する国際連合事務総長でした。

ストルムグレンは地球人ですが、

カレルレンという宇宙人の代表に利用され、

地球を管理下に置くための

操り人形となっていたようです。

 

伏井出ケイがストルムグレンを

モチーフにしているとしたら、

カレルレンはベリアル、

と当てはめることができるのではないでしょうか。

 

つまりストルム星人は

ベリアルが操る

地球侵略のための手下のような存在

ということが考えられますね。

あくまで推測ですが…(;´∀`)

 

徐々に正体を表し始めた伏井出ケイにも注目ですね。

 

まとめ

 

・ライハを止めた光は「ウルトラマンキング」の可能性が高い。

・ストルム星人はウルトラシリーズ初登場。

・ストルム星人のモデルは「幼年期の終り」の『ストルムグレン』の可能性が高い

・ストルム星人は、ベリアルにかわって動く手下かもしれない。

 

とまとめてみました。

謎が謎を呼ぶウルトラマンジード。

今後も楽しませてくれそうですね!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

Sponsored Links

-アニメ・特撮
-, ,