Love・Lion・Life

獅子座からやってきた調査員れおにすがいろんなことを調べて、愛を持って書き綴るだけのブログ

テレビ番組 男性タレント

BSドラマ獄門島の続編について!主演は長谷川博己?手紙の意味は?

2017/01/08

 

大好評だった「獄門島」ですが、

いちばん最期のシーンから

続編が作られるのでは?との声が上がっています!

 

 

その作品とは、

「悪魔来たりて笛を吹く」

だと言われています。

 

今回は、「獄門島」の続編が作られる可能性について調べてみました!

 

 

 

「獄門島」のラストシーンの手紙を検証

 

事件を解決した金田一耕助は、

島にきた時と同じように、

船に乗って海を渡ります。

akumakitarite1

船上で一通の電報を受取る金田一耕助。

そこには、謎の暗号文のような文面が書かれていました。

 

akumakitarite

手紙にはこう書かれていました。

 

アクマガキタリテ 

フエヲフク 

タスケコウ 

トドロキ

なんだかおどろおどろしい電報ですよね…。

 

※「電報」とは今ではお祝いの席などでしかお目にかかりませんが、

現在のようにケータイやSNSがなかった時代に大活躍した通信方法です。

 

「アクマガキタリテ フエヲフク」とは、

金田一耕助シリーズのひとつである

「悪魔が来りて笛を吹く」であることは明白ですね

「悪魔が来りて笛を吹く」とは?

akumakitarite2

悪魔が来りて笛を吹く』(あくまがきたりてふえをふく)は、

横溝正史原作の「金田一耕助シリーズ」のひとつです。

 

Wikipediaによると、

発行日は1973年2月20日となっています。

 

探偵小説雑誌『宝石』で連載されていたようです。

連載期間は、1951年(昭和26年)11月~1953年(昭和28年)11月。

 

約2年間の連載のようですが、

当時の読者はかなりスリリングな2年間だったのではないでしょうか!?

 

すでに製作された「悪魔が来りて笛を吹く」は

映画2本、テレビドラマ4本、舞台が1作品となっています。

 

もし次にドラマ化されたなら、5本目のテレビドラマになるわけですね!

 

トドロキとは誰か?

電報にあった「トドロキ」とは、

作中に登場する警視庁の刑事さんの名前ですね。

 

等々力大志(とどろき だいし)警部は、

金田一耕助シリーズではおなじみの人物です。

todoroki

「よし!わかったー!」が合言葉で、

目先の現象にとらわれがちな性格。

いつも間違った推理してしまうおちゃめなオジサンで有名です。

 

等々力警部なくして、金田一耕助シリーズは語れないほど

愛されているキャラクターと言っていいでしょう。

 

 

 

続編としての「悪魔が来りて笛を吹く」製作について

NHKオンラインで検索してみましたが、

いっさい情報はありませんでした。

 

また、獄門島のページを覗いてみましたが、

やはりそれらしい情報をみつけることはできませんでした。

 

しかし、今回の「獄門島」でかなりの反響があったはずです。

さらに、今が旬の「長谷川博己」さんを起用しているわけですから、

続編製作の話があってもおかしくはないでしょう!!

 

これからも長谷川博己さんと金田一耕助シリーズには注目していく必要がありそうですね!!

-テレビ番組, 男性タレント
-, , , , , ,