アニメ・特撮 女性タレント 映画 男性タレント 芸能

「シン・ゴジラ」はつまらい?日本映画界は批判?悪かった点はどこ?

2017/01/05

Sponsored Links

公開から1周間を待たずして国内ランキング1位に駆け上がった「シン・ゴジラ」ですが、いや~本当に面白いですよね。

しかし、一方では「駄作」「こんなのゴジラではない!」「がっかりした」などの声があるのも確かなんですよね。

 

どもども、れおにすです(´・ω・`)ノ

 

みんなが感動しているところに、水を差すかのように「チクリ!」と辛辣なコメントを残す人もいます。

一部では、僻みややっかみで書いている人、発言している人もいるようですが、中には的を得た指摘をしている人もいるようです。

批判している人たちの意見もきちんと聞くことも大切だと思い、「シン・ゴジラ」が映画として至らなかった点を調べてみることにしました。

 

管理人れおにすは「シン・ゴジラ」をメッチャ楽しみました

(´・ω・`)え~…先に保身のために言っておきますね。

管理人であるワタクシ、れおにすは、今回の「シン・ゴジラ」を泣き笑いしながら、全身全霊で楽しんだひとりであることをお伝えしておきます。

 

どんなに面白い映画であっても、弱点はあるものです。

完璧な作品などありません。

ブログのサブタイトルの通り、愛を持って書き連ねていく所存です。

 

正直、悪い点が良い点でもあったりするので難しいのですが…。

 

登場人物に感情移入しづらい

singojira

物語の展開の仕方、脚本にも原因があるからかもしれません。

冒頭から、出来事だけをおっかけていくので、誰に寄り添って物語を見ていけばいいのかわかりづらいんですね。実は。

 

人によっては、プロジェクトXみたいなドキュメンタリーみたいだなと感じたのではないでしょうか。(プロジェクトX=ドキュメンタリーとは言ってない)

もっと言えば、全体的に見ても「段取りだけを見せられた」と言ってもいいでしょう。

 

しかし、逆に考えれば、感情を省いた出来事だけを順番に見せたために、観客が感じるリアリティが増したんですよね。

もしかしたら庵野監督の狙いはそこにあったのかもしれません。

あえて、感情移入させることを切り捨てて、現実感を植え付けることに挑戦したとも言えるでしょう。

 

俳優が芝居をさせてもらえていない

シンゴジラ つまらない

つまり、俳優の魅力を殺してしまっているんです。

かの小津安二郎監督も、俳優を駒のように完全にコントロールしたい人でした。しかし、庵野監督のやっていたことは、少し違うように思えました。

これは感覚的な意見になってしまいますが、

「これ有名俳優や実力派の俳優じゃなくても成立するんじゃね!?」

ということ。

 

つまり、自主制作レベルに出演するような無名の俳優でも成立していたのではないか。ということ。

俳優の魅力とかあまり気にしていないような気がします。

俳優の個性から役を立体的に立ち上げられていない、と思うのです。

 

説明うまくないよね…(´・ω・`;)ゴメンネ

 

それは、2次元、つまりアニメ製作をしてきた庵野監督だからだとも思えます。

それは結果的に、俳優がアニメキャラのように見えてしまうことになります。

 

そこは庵野監督の良いところでもあり、今回の「シン・ゴジラ」の悪いところでもあります。日本の映画業界、テレビ業界だと、誰が格上だの、有名だの、力のある事務所の俳優だので、作品とはかけ離れたところでのパワーバランスで成り立っていたりしますが、庵野監督はそうしたしがらみとは関係なく、俳優を動かしていたからです。

 

俳優の魅力を引き出すのには失敗しているけれど、日本の芸能界のルールみたいなものを突き破った作品づくりをしてくれてサンキュー!みたいな。

 

構図、画が全体的に止め画が多い

シンゴジラ 批判

やはり、これもアニメの弊害のような気がします。

多くの人が「シン・ゴジラ」が面白かった!と思えるのは、普段からアニメに慣れしたんでいるからなのです。

 

つまり、見慣れたアニメ的な実写映画だったのです。

 

ですが、こうも取れます。

 

小説や脚本、詩などの活字創作物には「文体」というものがあるように、映画にも映像の文体「映体」はあります。

シン・ゴジラは、これまでの既存の映画の文体では読み解けない、アニメの要素も取り入れた、新しい映像文体を作り上げたのかもしれません。

 

なので、「映画」をよく観ている人ほど「シン・ゴジラ」を観ていても、なんとなく感情が乗ってこないんです。

日本の映画業界にいる人ほど、実は「シン・ゴジラ」がわかりづらい作品なんですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

悪い点を書くといいつつ、しっかり褒めていたような気がする…(´=ω=`)

 

大好きな映画こそ、批評する視点を持って観ることができれば、その映画の本当の面白さが見えてきます。

私たちは「シン・ゴジラ」の本当の面白さの戸口に立ったばかりなのではないでしょうか。

観る側の意識やレベルが上がれば、日本の映画はもっと面白くなる!!と信じたいですネ(´・ω・`)ノ

 

ただひとつ、最後に言わせてもらうとすればですね、

シンゴジラ 悪い点

石原さとみさんの、カタコトキャラのオマージュはいいと思います!とてもいいと思います!

 

 

以上(´・ω・`)ノ

 

 

 

 

 

Sponsored Links

-アニメ・特撮, 女性タレント, 映画, 男性タレント, 芸能
-, ,