スポーツ ライフ 国内ニュース

小林大哲(ひろあき)さんがカーブを曲がれなかった理由は?自転車や現場についても

 

将来を期待されていた小林大哲(こばやしひろあき)さんが

練習中に亡くなられたというニュースがありました。

 

将来を期待されていた選手だったそうで、とても残念です。

なにより、まだ24歳という若さなのに…と思います。

 

日本食研の小林大哲選手とは

 

小林大哲選手は、千葉県千葉市出身で、

順天堂大学スポーツ健康科学部を卒業しています。

 

もともと陸上の選手(長距離)だったようで、

尊敬する人に、陸上選手の川内優輝選手を挙げています。

 

中学までは水泳をやっていたことから、

トライアスロンへ転向したようです。

 

2015年の戦績を見ると…

日本U23トライアスロン選手権 優勝
豊崎トライアスロンinとみぐすく 23位
愛南町いやしの郷トライアスロン大会 2位

 

2016年では国内ランキング10位までつけていました。

将来有望な選手なので、本当に残念との声が上がっています。

カーブを曲がりきれなかった理由は?

 

原因はいったいなんだったのでしょうか。

 

そのときの状況は…

 宮崎県警高岡署などによると、現場は下り坂の右カーブ。選手8人が間隔をあけて列になって走っていたところ、真ん中にいた小林さんが列から離れ、3本のガードロープを飛び越え、崖下に転落したとみられる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000067-mai-soci

 

小林選手が、陸上と水泳がメインだったとは言え、

国内ランキング10位の選手ですから、

自転車は素人だった、というわけではありません。

 

体調によるものなのか、自転車が故障していたのか、

原因について、検索してみましたが、公式の発表などもありませんでした。

 

いつも走っていたコースだったらしいので、

道を知らなかった、ということはないでしょうし…。

 

自転車が原因なら、再発の可能性もあるから、

きっと検証がなされているはずでしょう。

-スポーツ, ライフ, 国内ニュース
-,