テレビ番組 動物・自然

ブラタモリで紹介されたアマミホシゾラフグがミステリーサークルを作る理由は?

どうも!れおにすです٩( 'ω' )و

ブラタモリの奄美大島編を観ていたら、

新種の「アマミホシゾラフグ」という

ちいさなフグが紹介されていました!

 

2012年に発見されたばかりの

このアマミホシゾラフグ。

海底に2メートルくらいの

ミステリーサークルを作るんだそうです。

 

フグがミステリーサークルを作る!?

なんとも不思議なことですが、

なぜそんなことをするのでしょうか。

気になったので調べてみました!

 

アマミホシゾラフグとは?

 

アマミホシゾラフグとは、

条鰭綱フグ目フグ科シッポウフグ属。

2012年に奄美大島近海で発見された新種だそうです。

 

その模様が、奄美大島で見られる

美しい星空のように見えることから

名付けられたとのこと。

 

小さくて可愛いんですよ~!

体長は15センチくらいだそうです。

水深約10mから約30mの

浅いところにいるらしい。

アマミホシゾラフグが作るミステリーサークルとは?

アマミホシゾラフグが作るミステリーサークルとは…

こんな幾何学模様を

海底の砂を巻き上げて作るそうです。

図面もないのに…なんとも器用なフグさん!

しかもたった一匹で作るらしい。

 

長年、ダイバーたちの間で謎とされてきたんだって!

たしかに…フグの仕業とわかったからいいけど、

これ海底で突然発見したらびっくりしますよね…(;´∀`)

 

なぜミステリーサークルを作るのか!?

 

ミステリーサークルを作るのは、

メスを呼び込むためらしいです。

ミステリーサークルの真ん中で産卵するらしい。

 

つまり、ミステリーサークルではなく、

ラブサークルだったわけですね…(/ω\)ハズカシーィ

 

BBCにも取り上げられたみたい!

名前も、やることもロマンチックなフグさんでした。

 

-テレビ番組, 動物・自然
-, ,