その他エンタメ

西城秀樹の若い頃の彼女歴と昔のイケメン画像がヤバイ!?デビューの驚きのきっかけとは!?

2018/05/28

どうも!れおにすです(*‘∀‘)

西城秀樹さんってかっこいいですよね~☆

今もかっこいい人って昔もかっこいいんだろうな~と思ったら、西城さんは若いころから完璧なイケメンだということを知りました…!

となると、女性関係もすごそうだ…!なんて想像をしてしまいました。

そこで、西城秀樹さんの若い頃の彼女歴、イケメン画像、そして、デビューのきっかけなどについて調べてみたら、驚きの真実がわかってしまったんです☆!

 

※記事書いてる最中に西城秀樹さんの訃報が入りました…

心よりご冥福をお祈り申し上げます

( ノД`)シクシク…

 

Sponsored Links

西城秀樹さんの若い頃の彼女歴がすごい!?

西城秀樹さんと言えば、日本の芸能界の重鎮中の重鎮です。

そんな西城さんは、若い頃からかっこよくてその女性関係には日本中が注目していました。

 

1990年3月ごろ、女優の十朱幸代(とあけゆきよ)さんとのお付き合いしていたことで有名だったらしいです。

12歳の年の差カップルで、西城さんが十朱幸代さんに相当入れ込んでいたのだとか。

ただ、十朱幸代さんとはその後別れてしまったのだそうです。

 

そして、1995年か96年くらいのころに、長谷川理恵さんとの熱愛報道が流れました。

抜粋

筆者が長谷川の名前を知ったのは、15年ほど前だったと思う。「西城秀樹と女子大生モデルの長谷川理恵、熱愛」という報道だった。当時、西城の人気はまだ衰えず独身だったことから、2人の結婚が注目された。

 「長谷川とかいうモデルと(の熱愛を)書かれたけど、全く関係ない」

と憤慨していたのを記憶している。

西城の言葉から感じたことは、熱愛報道は長谷川サイドの売名のためのリークではないかという疑惑だった。

出典:https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110113/Cyzo_201101_post_6340.html

ただ、交際を認めてもいないし、否定もしていないので、実際に付き合っていたかどうかは微妙ですね。

最後の一文を読むと、実際に付き合っていたような書き方をしているので、もしかしたら、お付き合いしていた時期はあったのかもしれませんね。

その後、西城さんは一般人女性とお付き合いし、ご結婚されています。

木本美紀さん(旧姓:槙原美紀さん)で、19歳年下の元会社員の方だったそうです。

結婚した当時は西城秀樹さんは45歳、美紀さんは28歳ということで、やはりイケメン+有名人はすごいな…と(;´・ω・)

でも、有名人同士ではなく、一般の方と結婚されているのを見ると、西城さんにとって美紀さんは心のよりどころだったのかもしれませんね。



西城秀樹さんの昔のイケメン画像!

西城さんの彼女歴ってもっとドロドロしているかと思いきや、なんだか男らしい印象があって素敵だなあと思いました。

ところで、そんな西城さんの若い頃のイケメン画像をさがしたら、こんなすてきなジャケットを発見しましたよ!

西城秀樹さんのイケメン画像!

出典:Amazon

めっちゃ男前ですよね!!

他にも・・・

出典:Amazon

うーん…これもイケメンですね。

やっぱり若い頃イケメンな方は、年齢を重ねてもイケメンなんですね…

って、きっとイケメンを保つ努力もたくさんされてきたと思いますよ!

西城秀樹さんの本名に隠された意外な秘密!




西城秀樹さんのプロフィールとデビューのきっかけ!

それでは、西城秀樹さんのデビューのきっかけなどについて、調べてみたいと思います。

まずは、プロフィールをチェックしておきましょう。

西城秀樹さんのプロフィール

芸名 西城秀樹(さいじょうひでき)
本名 木本 龍雄(きもとたつお)
生年月日 1955年4月13日
出身地 広島県広島市東区
学歴 明治大学付属中野高等学校定時制卒業
職業 歌手/俳優
活動期間 1972年~2018年
2018年5月16日(63歳没)

西城秀樹さんのデビューのきっかけとは?

日本のミュージックシーンを常に熱く盛り上げてきた西城秀樹さんですが、デビューはどのようにされたのでしょうか。

調べてみたところ、デビューは高校時代までさかのぼります。

当時、広島県の山陽高等学校に在学し、ジャズ喫茶でバンド活動をしていた西城さんですが、いつものようにステージで歌っていたところを芸能関係の人にスカウトされたのだとか。

やっぱり、スターはどこにいてもスカウトされてしまう運命なのですね…( ゚Д゚)

この時の西城さんは実はそんなに歌手になることに興味はなかったのだそうですw

ただ、当時の日本の音楽業界は、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がヒットするなど、時代のターニングポイントだったのだとか。

そんな風向きの変わるのを西城さんは感じていたと言われています。

そんな理由からスカウトを受けてデビューを決意するのですが、家族の反対にあってしまったのだそうです。

普通に考えればわかる話ですが、特に西城さんのお父さんが厳しい方で、猛反対したのだとか。

ですが、若さゆえの勢いなのか、西城さんはそんな父親の反対を押し切って、家出するかのように広島を飛び出し、単身東京へ行ってしまいます。

そして、芸映という事務所に所属し、1972年についにデビューすることになったそうです。

もちろん、地元の高校もやめているので、明大中野高等学校定時制に通いながらの芸能活動をしていたのだとか。

ちゃんと高校にも通っているあたり、実直な印象がありますよね。

 

デビューは、1972年3月25日発売のシングル「恋する季節」でした。

オリコンも42位スタートと、決して華々しいスタートではなかったのだとか。

ですが、2枚目のシングル「恋の約束」では18位と徐々にランクを上げ、翌1973年9月24日発売の、「ちぎれた愛」でついに1位になったそうです。

その後も、西城さんは絶唱するそのスタイルと、抜群の歌唱力で、名実ともにスターにのし上がっていくのでした。

 

晩年は、2度にわたる脳梗塞も報じられ、リハビリする姿なども公開されていました。

63歳という若さで亡くなられてしまったわけですが、西城さんのあの歌声は、聞いた人の心の中に残っていくのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

西城さん、おつかれさまでした。素敵な歌をありがとうございました(´;ω;`)ウッ…

こちらの記事も読まれています☆

西城秀樹の韓国人本名と家族や実家など衝撃の生い立ちがヤバイ!?嫁や子供と自宅など私生活の秘密もヤバイ!?

-その他エンタメ