テレビ番組 芸能

「べっぴんさん」逆光演出が素敵!意味や主題歌との関係!

2017/01/08

Sponsored Links

どうも、れおにすです(´・ω・`)ノ

 

朝ドラ「べっぴんさん」観てますか~!?戦後の激動の時代、女性4人がくっついたり離れたりしながら、「ベビーショップあさや」を切り盛りしている姿に一喜一憂しております。

 

 

セリフで語ることが少ないすみれがよく喋るようになったなぁ…としみじみ思いつつ観ていると、毎回きれいな逆光の演出で心をほっこりさせてもらっています。

 

 

そこで本日の気になったポイントですが、あの逆光の演出にはどんな意味、意図が隠されているのでしょうか。

 

考察も交えつつ、いろいろ調べてみることにしました。

 

 

「逆光」の演出の狙いは?

「逆光」をここまで多用しているには狙いがあるはずです。

それにはいろんな理由が考えられますよね。

正解がどうかはさておき、いくつか思いついたことを挙げていきます。

 

戦後の悲惨さを和らげるため

gyakou7

やっぱり朝ドラなので、戦後の悲惨さ、混乱した場面をリアルに描いてしまうと、「朝から重い話はキツイ…」と感じて、観るのをやめてしまう人も出てきてしまうかもしれません。

 

 

かと言って、リアリティを追求していないわけではないので、ある程度、重い部分もしっかり描いています。それを柔らかな光や逆光の演出で和らげている!

 

 

のではないかな(´・ω・`)

 

Sponsored Links

どんな状況でも「希望がある」と感じさせるため

gyakou5

終戦して戦後の混乱から、4人は「ベビーショップあさや」を開店して、「ベビー相談室」を始めるまで、ひっきりなしに悲しいことや辛いことが降り掛かっていました。

 

 

でも、どんな大変な状況でも、かならず人物の背中に柔らかい暖かい光が当たっているので、「希望」や「可能性」といった目には見えないけど、人の善意みたいなものがそこにはあるのだ、と感じさせてくれます。

 

 

Mr.Childrenが歌う主題歌「ヒカリノアトリエ」の歌詞のなかに、

例えば100万回のうちに
たった一度ある奇跡

 

下を見てばかりいたら見逃してしまうだろう

 

 

「希望」や「善意」、歌で言えば「虹」と言ったものを逆光で表現しているのでしょう。

 

 

下ばかり見ている人には気づくことができないけれど、すみれたちのように前を見続けることで、いつも自分の後ろから光が差していることに気づくことができる。人を救うことができるのは、神様じゃなくて、人の想いでしかない。

 

 

逆光の演出は、「ヒカリノアトリエ」の歌詞で歌われているとおり、人の善意や想いを表現しようとしているのではないでしょうか。

 

 

Sponsored Links

-テレビ番組, 芸能
-, , ,