Love・Lion・Life

獅子座からやってきた調査員れおにすがいろんなことを調べて、愛を持って書き綴るだけのブログ

アニメ・特撮 テレビ番組

鉄血2期のラスト火星決戦のラスボスは誰?マクギリスの可能性についても!

どうも!れおにすです٩( 'ω' )و

「機動戦士ガンダム~鉄血のオルフェンズ~」の第46話が放送されましたね!

またまたいろんな出来事が凝縮されたカオス回となりました!

 

追い詰められたマクギリスと鉄華団。

そして、最後の戦いがどうなるのか、

とても気になるので、調べてみました!

 

第46話「誰が為に」のあらすじ

前回のガンダムフラウロスの狙撃の失敗からシノの戦死。

 

そして、ミカヅキとジュリエッタの戦いでは、ミカヅキが圧倒的な力でジュリエッタを撃破。

ジュリエッタは一命をとりとめますが、瀕死の重傷を負います。

 

マクギリスのガンダムバエルと、ガエリオのガンダムキマリスヴィダールとの戦い。

追い詰められたマクギリスを庇い、石動(イスルギ)が犠牲になりました。

石動がコロニー出身者であったことが語られました。

 

大勢の仲間の死と、作戦の失敗に動揺するオルガ。

そんなオルガを立ち直らせるきっかけを与えたのは、

シノを失ったヤマギの一言でした。

 

「みんなアンタの言葉を信じて死んでったんだ…なのに、アンタがそんな腑抜けててどうするんですか!!」

ハッとするオルガ。

そして、なまじオルガの気持ちがわかるだけに、

この一言が言えなかったユージン。

 

ヤマギの言葉で、

鉄華団の長たる二人が目を覚ましました。

 

ユージンからヤマギに伝えられたのは、

シノがヤマギの気持ちに気づいていたことでした。

鉄華団を守るシノの想いを知ったヤマギは、

シノに変わって鉄華団を守る決意を固めます。

 

マクギリスは「言葉」だけで、鉄華団を従わせようとします。

そして、火星軌道上のギャラルホルンの戦力と合流し、

アリアンロッド艦隊との決戦を考えました。

しかし、マクギリスを待っていたのは、

火星軌道上のギャラルホルンからの拒絶の返事でした。

 

シノの死から立ち直る鉄華団と、さらに追い詰められるマクギリスという2つの大きな展開がありました。



最終決戦は火星軌道上?!

左がアリアンロッド艦隊で、右がマクギリスと鉄華団。

簡単に言うと、敵メッチャ多くて、めっぽうヤバイ!状況です。

 

有利な点は、敵は地球を遠く離れるため、

補給のための距離が遠くなるので、長期戦ができません。

でも、マッキー&鉄華団は、本拠地の火星がすぐそばなので、

長期戦になればメッチャ有利になります。

 

ですが、火星軌道上のギャラルホルンがマッキーを裏切りました。

というか、そもそもマクギリスの私兵ではないので、

十分に予想できる展開とも言えます。

 

マクギリスと鉄華団はどうやってこの不利な状況をひっくり返すのでしょうか。

しかも、本拠地が近いということがかえって、

火星に暮らす人たちにも戦火が及ぶ可能性があります。

火星に降りられたら、鉄華団の敗北は確定してしまうでしょう。

さて、来週から最終回に向けてどんな結末が待っているのでしょうか。



ラスボスは誰?「ガンダムバエル」と「アグニカ・カイエルの伝説」とは?

ラスボスは、普通に見ていたら、ラスタルさんのようにも思えます。

アリアンロッド艦隊のボスですし、敵方ですからね。

または、主人公のようになってしまったガエリオ君。

かっこいいですよね~!!ラスボスって感じではありませんが、とっても強いです!!

ガンダムキマリスヴィダールもかっこいい!!

 

まさかとは思うけど…

私は個人的に、

マクギリスこそラスボスなのではないか、

と考えています。

 

追い詰められていても、焦る様子もないですし…

何か強力な、絶対的な切り札を隠し持っている気がしますね!!

切り札…おそらくガンダムバエルに秘密がありそうです…!!



ガンダムバエルやアグニカ・カイエルの秘密は?

やはり、まだその力を見せていないガンダムバエルが、

最後の大ボスになりそうな予感があります。

そしてアグニカ・カイエルの秘密も明かされそうですね。

 

いや~バエルかっこいいね!

 

アグニカ・カイエルは、厄祭戦を終わらせた伝説の英雄ですが、

鉄華団やミカヅキを見たマクギリスが、その姿をダブらせています。

アグニカは少年兵なのでは、との予想をする人がたくさんいるみたいですね。

 

わたしは「鉄血のオルフェンズ」は、

新しい世代の「ファーストガンダム」だと考えています。

 

鉄血のオルフェンズは1期のころから、

フォースとガンダムのオマージュが各所に散りばめられています。

 

制作スタッフの中で、

厄祭戦とは、「機動戦士ガンダム」。

アグニカ・カイエルとは、アムロを始めとしたホワイトベースの乗組員。

というイメージなのではないか、と感じました。

あくまで個人的な感想ですけどね( 'ω' )

「ガンダム」という絶対的な作品をモチーフとしたガンダムバエル。

ラスボスにふさわしい存在ではないでしょうか。

 

そして、ガンダムにたびたび登場する

「サイコミュ」という脳波や精神エネルギーを増幅する装置があります。

バエルには、サイコミュに似た機能が搭載されているのではないでしょうか。

機械だけでなく、人の心すらコントロールできる力、

それこそ、ガンダムバエルに秘められたラスボス的な力ではないか!!

と予想しています!!

 

( 'ω' )違ってたらゴメンネ!!

-アニメ・特撮, テレビ番組
-,