ライフ 動物・自然

台風ハトの意味と命名の理由は?進路と米軍予想についても!

Sponsored Links

 

どうも!れおにすです。

今日は地元の小さなお祭りに行きました。

お神輿が出るわけでもなく、

何か伝統的なお祭りでもない

地元の人達や学生が自分たちで

お店をやるようなお祭りです。

 

人手といっても数百人くらいの客足

でも、みんな楽しそう!

名も無き小さなお祭りっていうのも

なんだか楽しいですね。

 

そんな楽しいお祭やイベントを

ぶち壊しにするアイツがまた誕生したそうです。

それは「台風」。

 

ハトという名前の台風がやってきます。

(実際来るかどうかはわかりませんが)

 

なぜハトなんて名前がついたのでしょうか。

その意味と命名の理由、

進路と米軍予想について調べてみました。

 

Sponsored Links

 

台風ハトの意味は?

 

「「ハト」」と聞いて

まず思い浮かべるのは

鳩ですよね。

 

まさかと思いますが、

台風のハトとは

鳩なのでしょうか…?

 

調べてみたところ、

台風のハトとは、

「はと座」でした。

つまり星座のはと座です。

上記のツイートにもあるように、

はと座とは、

アラビア語では「al-wazn」となり、

「重さ」を表す単語です。

 

 

台風にハトと付けられた理由は?

 

台風の名前が決まる理由は

台風委員会という組織があり、

加盟国がそれぞれいくつかの

名前を提出しています。

 

そして、台風が発生した順番に

名前が振られていく、

というシステムのようです。

 

「ハト」は日本が提出している名前で

131番目の台風の名前となっています。

 

ちなみに日本が考えた台風の名前が

「コンパス」

「コグマ」

「テンビン」

「ヤギ」

「トカゲ」

「ウサギ」

「カジキ」

「カンムリ」

「クジラ」

となっていて、

これらすべて星座から付けられています。

聖闘士星矢のファンか、

天体好きな方が考えた可能性が微レ存ですね。




 

今後の進路と米軍の予想は?

台風ハトの進路を

米軍の天気予報はどのように

予想しているのでしょうか。

 

ほとんど日本には来ないみたいですね。

気象庁の予報もほぼ同じようです。

沖縄県がやや影響を受けそうな感じですね。

しかし、

台風が突然進路を変更することもあるので、

油断は禁物ですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

Sponsored Links

-ライフ, 動物・自然
-, ,