ライフ 動物・自然

台風グチョルの意味や由来とは?名前をつけた国や何語かについても!

Sponsored Links

 

どうも!れおにすです。

また台風が発生していますね。

どうりで朝から頭痛がするわけですね…

(本当は二日酔い)

 

台風の名前が「グチョル」という

ちょっとアレな名前ですが、

意味が気になるところですね。

 

というわけで早速調べてみたいと思います。

 

Sponsored Links

 

台風グチョルの特徴

 

2017年9月に発生した台風グチョルは

台風17号と発表されています。

 

台風17号
2017年9月6日10時30分発表 台風第17号が6日9時に発生しました。台風第17号は、6日9時には南シナ海にあって、西北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。この台風は、北西へ進み、7日には熱帯低気圧に変わり、8日には華南に達する見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。次回の台風情報は、6日16時30分の予定です。

引用元:ヤフー台風情報より

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

 

明日にはなくなりそうですね。

しかし、現地の方は注意が必要です。

 

進路的には日本に来ることはなさそうですね。

 

グチョルの意味とは?

 

グチョルについて調べてみたところ

 

ミクロネシアの言葉で

「ウコン」という意味があるそうです。

 

ウコンですからね。

間違えないでね!(何と?)

 

ウコンとは生姜の仲間で

インド原産の食物です。

 

英語だと「ターメリック」といいます。

英語にした途端、

突然カッコイイ感じになりますね。

 

ウコンの歴史は古く

紀元前からインドで栽培されていたそうです。

 

ウコンは漢字で書くと

「鬱金」と書きます。

 

鬱なのに金色って

ちょっとわけわかりませんが

「鮮やかな黄色」という意味があり、

本当は「ウッコン」と読まれていたのが

「ウコン」と縮まったそうです。




 

命名したミクロネシア連邦について

 

ミクロネシア連邦は

太平洋に浮かぶ小さな島国です。

 


地図も少し拡大しないとわからないくらいです。

でも、こういう国って静かでゆったりしてそう。

一度は行ってみたいところですよね。

 

首都は、ポンペイ島のパリキールという街。

一年通して気温が30度位。

ずっと夏なんですねえ。

 

この前来た台風ナンマドルも

ミクロネシア連邦が命名した台風でしたね

 

名付けられた経緯については

こちらの記事にも書いていますので

チェックしてみてください。

 

台風のナンマドルの意味とは?名付けられた理由や由来についても!

Sponsored Links

-ライフ, 動物・自然
-,