テレビ番組

NHKスペシャル藤井聡太を観た感想は?親や家族との関係など!

Sponsored Links

 

どうも!れおにすです!

藤井聡太四段のNHKスペシャル

面白かったですねえ!

 

内容をまとめていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

藤井四段「15歳の苦悩」の感想

 

全体的な感想は、

やっぱり藤井聡太四段はスゴイ!!

でした。

 

その頭脳はもちろんメンタル面も

もはやプロのアスリートと遜色ないですよね。

 

デビュー前から密着取材していた

NHKさんもスゴイですが…w

 

中学校での藤井君はほんとうに自然体で

世間から注目される前の姿だったから

本当にクラスメイトとも

仲がいいんだなあとほっこりしました。

 

この普段の姿を見せてくれたおかげで

勝負の世界に生きる藤井四段が

いかにスゴイか、よく伝わってきました。

 

タイトル通り、苦悩と向き合う姿や

その大変さも共感できるものがありましたね。

常に、自分の理想を追い求める姿には

年齢は関係ないのだな~と感じました。

勇気をもらえる番組だったと思います。

Sponsored Links

 




 

藤井四段「15歳の苦悩」の見どころ

 

面白かったエピソードをメモっていきますね。

 

家族や親戚との関係

藤井君は野菜ジュースが好き。

でも、好きな銘柄が決まっているらしい。

 

お母さんは小柄ですてきな方。

お父さんはサラリーマンをされている。

 

隣には祖父母が住んでいて、

将棋を始めたきっかけはおじいちゃんの影響。

 

勝てると言われていた試合の決勝で

負けてしまった聡太君が大泣きをしたのだけど

そのものまねをおじいちゃんが熱演。

仰向けでジタバタする姿が印象的でしたw

 

師匠との出会い

 

小学4年生のときに杉本昌隆七段に弟子入り。

コメダ珈琲でお母さんと一緒にお会いしたらしい。

 

そのときの杉本昌隆七段の藤井くんの印象が

「クリームソーダのクリームを沈めて飲んでいた。飲み方が下手」

というわけで、初めての指導は

「クリームソーダの飲み方」

だったそうです。

 

このエピソードはなんか微笑ましいw

思わず笑ってしまいました。

 

自分の感覚を信じる

 

三重の澤田真吾6段との対戦。

誰もが藤井聡太四段の敗北を確信したとき

藤井四段は最後まで諦めていなかった。

 

 

燃えよドラゴンが藤井聡太四段を支えていたとは…

このエピソードには驚きでした!

 

連勝ストップからの復活

 

快進撃の連勝を

佐々木勇気6段に阻まれた藤井四段。

敗戦から気持ちを切り替えられずにいたけど、

白鳳の試合観戦、

そして、師匠や兄弟子たちとの絆から

立ち直っていく姿には感動しました!

 

「自分の将棋」を貫いて、

NHK杯で森内俊之九段(46歳)を撃破します!

 

誰もが緩手(間違った手)だと思った

二度目の「8八歩」

「手裏剣」と呼ばれる手ですが、

これが藤井四段が貫いた自分の将棋だった!

このエピソードもグっときました~!

 

師匠の杉本七段も、この手は

「将棋観であり、大局観であり、人生観である」

と言っていました。

 

最後まで諦めないで考え抜くこと。

そして自分が正しいと思ったことを貫き通すこと。

 

15歳という年齢を超えて、

いろんなことを教えてくれる番組でした!

 

藤井四段、これからもがんばってね!!!

NHKスペシャル藤井聡太の無料フル動画を見る方法は?再放送など!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

Sponsored Links

-テレビ番組
-,