インターネット 国内ニュース

AppleのIDロック詐欺メールでの被害とは?クレカや個人情報の対処など!

Sponsored Links

 

どうも!れおにすです。

またまたAppleを騙ったフィッシング詐欺が横行しているようです。

 

なんでも、Appleからのメールそっくりな内容のメールが突然届き、ログイン画面に誘導されてしまうようです。その内容が「あなたのIDがロックされている」と言ったもので、持ち主の不安を煽って偽サイトにアクセスさせるという方法のようです。

 

ぎりぎりで気がついた人も多くいますが、ログインして個人情報を抜かれてしまったり、クレジットカードの情報が取られてしまったりなどの被害は出ているのでしょうか。気になったので調べてみました。

 

Sponsored Links

 

アップルに偽装したニセメールの内容とは?

アップル社に偽装したフィッシング詐欺メールの内容を調べてみました。

 

そのパターンがいくつかあるようですが、共通して書かれているのは

「あなたのIDがロックされています」

「安全のため、このApple IDはすでにロックされました」

といった内容のタイトル、文面があることでした。

 

「こんにちはクライアント」から始まる文面で、

「アカウント情報が一部欠落している」

「アカウント情報が間違っている」

と書かれており、ログインを促すURLが貼付けられており、そのURLにアクセスすると、ニセのログイン画面に遷移するようです。そのページでアップルのID、パスワードを入力し、サインインボタンを押すことでIDとパスワードが盗まれてしまうようです。

 

サインインのページは、アップル公式とかなり酷似しているため、パッと見ではその違いに気づく人は少ないかもしれません。

 

 

こちらの方が偽物サイトと本物サイトの違いを伝えてくれています。ありがたいですよね( 'ω' )

 

アップルにかぎらず、個人情報やアカウント情報のトラブルのメールが届いたときには、焦ってURLを踏まないように注意したほうがよいでしょう。ワンクリック詐欺の可能性もありますから、別ルートで公式サイトへアクセスすることをおすすめします。

 

それにしても、あの手この手で来ますよね、この手のメールは…(;・∀・)




 

実際の被害状況は?

実際に被害に遭われた人も少なからずいるようです。その主な被害状況について調べてみました。

 

アップルIDロックのフィッシング詐欺に引っかかると、まず「アップルのIDとパスワード」が盗られてしまいます。そのIDとパスワードで、見知らぬ第3者が、クレジットカード情報個人情報を抜き取ってしまうそうです。

 

SNSを調べていくと、多く見られるのは「クレジットカードで買い物をされてしまった」といった被害でした。人によっては、クレジットカード会社からの「こんな買い物されましたか?」という電話で情報が盗られていることに気がついた人もいるようです。また、抜き取ったIDのアカウントを使っての買い物もあったようです。

 

また、個人情報は売り買いされることもあるので、クレジットカード情報がなくても安心できないので、まずはフィッシング詐欺には注意しましょう。




ID、パスワードを入力してしまったら…

 

もしも、気が付かずにID、パスワードを入力してしまったら、速やかにクレジットカード会社へ連絡して使用をストップすることをおすすめします。アップルIDに関わることであれば、以下のアップル公式サイトを見て、対応を考えましょう。

 

Amazon、Googleアカウント、その他SNSのアカウントもパスワードを変えておくとなど、用心をしておいたほうがよいでしょう。また、有名な会社のメールであっても、まずは検索して調べる癖をつけておくといいですよ。

 

本当に世の中には悪いやつがいるものです。

おかしなメールには注意していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links

-インターネット, 国内ニュース
-