エンタメ

分霊箱7つの作り方と壊し方(破壊方法)まとめ!RABの正体も

ハリーポッターシリーズの完結編「ハリーポッターと死の秘宝」では、ハリー・ロン・ハーマイオニーの3人が、キーアイテム“分霊箱”の探索の旅に出ることを主軸に話が進行します。

分霊箱は複数存在し、その形状は未確認、生前ダンブルドア先生が推理した内容しか手がかりがないのが、冒険のスタート地点なのです。

それでは、その分霊箱の秘密と発見、そして壊すまでの経緯を探索していきましよう!

Sponsored Links

分霊箱とは何か

“分霊箱”とは、ヴォルデモートことトム・リドルが16歳の時に、魔法薬学のスラグホーン先生を誘導して聞き出した、禁じられた魔法で作るアイテムですね。

ポイントは「霊魂を保管する箱」であるということ。

自分の魂を分割して保護しておくことで、たとえ本体が致命傷を受けても決して死なない存在になることを、トム・リドルは望んだのです。

トム・リドルは、こんなに早い時期から魔法界を牛耳ることを考え、しかも自分の死に対する防御策を練っていたわけです。




分霊箱(7つ)の作り方と壊し方(破壊方法)とは

“分霊箱”が6つあるらしいということは、ハリーと生前のダンブルドア先生で、スラグホーン先生の“記憶”から確認しました。

すでに大体のことを理解していた16歳のトム・リドルは

「魂を“7つ”に分割するのはどうか」

と聞いて、先生を仰天させました。

自分の霊魂を分けるには、死に相当するショック、つまり殺人が必要だからです。

“7”というのは魔法の世界でも重要な数字なんですね。

分霊箱の探索はトム・リドルの生涯をなぞる旅に似ていて、破壊も困難を極めます。

それではひとつずつ、見ていきましょう。

■トム・リドルの日記

登場作品:「ハリーポッターと秘密の部屋」

2年生のハリーが、分霊箱とは気づかないうちに、これを破壊していました。

ルシウス・マルフォイが“日記”の重要性に気づかず、ホグワーツからダンブルドアを追い出す目的で、ジニーの荷物に忍ばせたのです。

ハリーに語りかけた日記の“17歳の記憶”のトム・リドルは、秘密の部屋を活性化させるところまでは成功しましたが、ハリーの機転でバジリスクの毒の牙で消滅してしまいます。

■マルボーロ一族の指輪

登場作品:「ハリーポッターと半純血のプリンス」

この指輪についてはあまり多くは語られません。

原作では、トム・リドルの母方の一族に伝わる指輪で、母の兄モーフィンからトムが奪取しました。

分霊箱としてはダンブルドア校長が自らマルボーロ一族ゆかりの地で発見し、破壊しました。

ただ、指輪には“よみがえりの石”が隠されており、この石はハリーが生き抜くのに大切な役割を果たします。




■スリザリンのペンダント

登場作品:「ハリーポッターと半純血のプリンス」・「ハリーポッターと死の秘宝」PART.1

スリザリンの末裔である、トム・リドルの母が持っていた品です。

ダンブルドアとハリーが苦労して入手したはずだったのですが、ニセモノでした。

本物はR.A.Bという人物が隠していたのです。

探索の結果、なんと魔法省の官僚で、学校勤務時代はハリーを目のカタキにしていた純血好き、ドローレス・アンブリッジが首から下げていました。

取り上げるにはポリジュース役を使った大活劇が繰り広げられますが、今度はなかなか壊せません。

最終的に逃亡中の森の湖でハリーが「自らを強化するものを吸収する」という“グリフィンドールの剣”を手に入れたのち、ロンが付き壊します。

■ハッフルパフの杯

登場作品:「ハリーポッターと死の秘宝」PART.2

血に飢えたデスイーター、ベラトリックス・レストレンジのグリンゴッツ金庫に隠されていました。

ハリー・ロン・ハーマイオニーはゴブリンと囚われのドラゴンの力を借りて盗み出します。

しかし、グリフィンドールの剣はゴブリンが報酬に持って行ってしまいました。

ロンの思い付きでバジリスクの牙を試してみることになり、ハーマイオニーが無事破壊します。




■レイブンクローの髪飾り

登場作品:「ハリーポッターと死の秘宝」PART.2

ハリーはヴォルデモートと心がシンクロして見てしまった“記憶”の断片から、レイブンクローに関連した品を探しにホグワーツ魔法学校に侵入します。

不思議ちゃんキャラでおなじみのルーナ・ラブグットの助けを借りて、レイブンクローの娘の幽霊に隠し場所を聞き、必要の部屋でティアラ型の髪飾りを発見。

ハリーが牙を突き刺し、おりしもマルフォイの子分・ゴイルが放った魔法の業火で髪飾りは浄化され燃え尽き、消滅します。

■ハリーに潜む魂

ヴォルデモートが意図せず作った分霊箱、それがハリーです。

かつてハリーの母が殺され、ハリーも攻撃されたとき、魔法の跳ね返りと共に魂が交わりました。

禁じられた森でヴォルデモートの“アバダケダブラ”を浴びた時、ハリーは死にませんでした。

ヴォルデモートは復活の時に“敵の血”としてハリーの血を使いました。

そこにはハリーの母親リリーの保護呪文が込められており、ヴォルデモートはハリーを殺せない状況にあったのです。

“よみがえりの石”の余波か、不思議な空間で、ハリーはダンブルドア先生の幻と交信します。

そこでダンブルドア先生曰く「救うことのできない」ヴォルデモートの瀕死の小さな魂を見かけるのです。

ハリーが無事よみがえった時が、魂のかけらの破壊された時なのでした。

■蛇のナギニ

映画の本当に終盤戦に、ネビル・ロングボトムによって倒されます。

ハリーが死んだと思われている間にみんなの前で鼓舞する演説をし、勇気を見せたのがネビルです。

その勇気に反応した“グリフィンドールの剣”が組み分け帽子の中からネビルの元に現れ、復活したハリーがヴォルデモートと決闘をしているさなかに、見事ナギニを打ち倒します。

これが最後の分霊箱だったので、ハリーとヴォルデモートの一騎打ちが成り立つのです。




分霊箱を盗んだRABの正体とは

■正体は「レギュラス・アークタルス・ブラック」!

映画では、姿は一度も登場しません。

“不死鳥の騎士団”の隠れ家であったシリウスの家を訪ねたハリー達三人が、荒らされた部屋のドアで発見する名前です。

つまり、R.A.Bはシリウスの弟であり、ひと時はデスイーターに加わっていた人だったのでした。

レギュラスはシリウスとは違い、家族の伝統で純血を重んじデスイーターになったものの、改心したのでしょう。

レギュラスは屋敷しもべ妖精のクリーチャーと一緒に本物のスリザリンのロケットを手に入れましたが、間もなく死んでしまいます。

クリーチャーが預かっていたロケットを、マンダンガス・フリッチャーが盗んで闇で売りさばいていたところを、なんとピンクのお化け官僚、ドローレス・アンブリッジが没収して手に入れていたわけです。




ヴォルデモートが分霊箱を作るために殺した人は誰?

恐ろしいことに“分霊箱”を作るには、1つにつき1人を殺す手順になっているのです。

悲しくも殺されてしまった人たちは下記になります。

・トム・リドルの日記

嘆きのマートル(秘密の部屋をトム・リドルが開けた時)

・マルボーロ一族の指輪

ヴォルデモートのマグルの父、トム・リドル・シニア(復讐もかねて?)

・スリザリンのペンダント

マグルの旅行者(トム・リドルの故郷で)

・ハッフルパフの杯

ハッフルパフの子孫、ヘプシバ・スミス(トム・リドル青年に騙されて)

・レイブンクローの髪飾り

アルバニア人農夫(通りすがりの犠牲者)

・ハリーに潜む魂

リリー・ポッター?(意図せず偶然に)

・蛇のナギニ

魔法省国際協力部のバーサ・ジョーキンズ(クィディッチW杯前)

2007年にJ.K.ローリング自身がライブチャットで回答している内容が、最終的な正解ですね。




分霊箱は8個ある?ハリーが死なない理由も

「分霊箱がいくつか…ひょっとして8つある?」

という話が盛り上がっているのはご存知でしょうか?

これは数え方の問題ですね。

順番にみると、もともとヴォルデモート卿が意図したのは「霊魂を7つに分けること」。

つまり6つの“分霊箱”を作り、7つ目の魂のカケラは自分で持っている予定だったんですね。

ところが図らずも、ハリーにキズ後に込められた“印”と共に、魂を移してしまいました。

ハリーは魂の8分の1を持ってしまったわけです。

ハリーがヘビ語を使え、ヴォルデモートと思考をシンクロさせてしまう理由です。

真の意味で分霊箱と言えるかわかりませんが…。

分霊箱はハリーを入れて7つ、魂は8ピース。

これが正解です。




まとめ

いかがでしたか。

魔法界を揺るがすヴォルデモート卿を倒すには、“分霊箱”を見つけ7回の破壊をしなくてはならず、しかも破壊のための武器も行方不明の事態からの探索スタート。

さらに7つのうちのひとつはハリー本人であるという、皮肉な展開でした。

解決できたのは、友情や信頼という形の愛、そしてハリーの勇気と正しい心ですね。

一度映画を見ただけではわかりにくい“分霊箱”について詳しく説明してきましたが、やはり自分で映像を見て探索するのが一番です。

もう一度、DVDやブルーレイを見直してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
れおにす
獅子座からやってきた調査員れおにすです! 地球の面白情報を母星に送っています。 どうぞよろしく