テレビ番組 女性タレント 男性タレント 芸能

スニッファー第2話感想!華岡の娘・水谷果穂が可愛かった!とと姉ちゃんの花山茜の子だ?!

2016/10/30

スニッファーの第2話も見応えありましたね~!!今回のテーマは「父と娘」と言ったところでしょうか。それにしても、華岡の娘役の女優さん、素敵でしたね。水谷果穂さんっていうんですね。演技も上手でした!

 

どうも、れおにすです(´・ω・`)クンカクンカ

今回気になった点は、華岡信一郎に娘さんがいたこと、そんでその女優さん・水谷果穂さんのこと、そしてそして、スニッファー第2話の感想を書いていきたいと思います。

 

「スニッファー」哀しみの匂い…第2話の感想!?

suniffer1

冒頭、仙崎の超人的な狙撃シーンから始まりましたね。いきなり物語のテンションがMAXで驚きました!そして一気にストーリーに引き込まれました!演出かっこよかった!

 

そして、いきなり華岡のベッドに、超美少女が寝ている場面がドーン!

え?誰?!彼女!?かと思いきや、なんと華岡の娘・美里ちゃんでした…。いやー犯罪かと思いました(ヒヤヒヤ

華岡は娘にまで、「クンカクンカ」して、「キモイ!!」って嫌がられてましたね。

一方、結婚できない小向刑事は、朝から母親に結婚できないことを責められていました。かわいそうに…。

 

仙崎が3人を狙った理由が悲しすぎる

sniffer-matumoto

冒頭で狙撃された勅使河原、そして二人目の犠牲者、銀行頭取。最後に狙われていた大蔵。3人は、強い権力を持っている財界の大物や元防衛省のエリートで、親友だったんだけど、数年前に、クルーザーで海釣りをしているときに、仙崎の娘を死なせてしまった。しかも、クルーザーを乗り入れてはいけない海域だった。

 

明らかに過失だったわけだけど、それを警察とマスコミに圧力をかけて、「サメに噛まれて溺死」ということにしてしまった。

 

仙崎(トータス松本)が3人を狙った理由は、娘を殺した犯人への復讐だったんですね…トータス松本さん演技が、どうにもならない悔しさ、悲しさ、そして怒りが伝わる演技でしたね。

 

セリフは少ない役でしたが、「目」だけで哀しみを表現していたような気がします。素晴らしかった。

suniffer-%e5%a8%98

最後には小向刑事が仙崎を追い詰めますが、霧がかった森の中での対決も、娘さんを亡くしたときと同じシチュエーションという悲しい演出でした。

 

華岡のクンカクンカは今回そんなに活躍してなかった気がします。

というか、匂いで犯人像を暴いていけばいくほど、悲しい事実が浮かび上がってくるという、泣けてくる物語でした…。

個人的には、復讐を遂げさせてあげてほしかったなあ…(´;ω;`)ウウウ

 

華岡の娘・美里役の水谷果歩さんってどんな人?

%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e6%9e%9c%e6%ad%a9%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc

華岡美里役は水谷果穂さんです。

1997年生まれで、静岡県出身のようです。

 

デビューは「大原学園」のCM「飛びたい気持ち」編です。

%e5%a4%a7%e5%8e%9f%e5%ad%a6%e5%9c%92%e3%80%80cm%e3%80%80%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e6%9e%9c%e6%ad%a9

まだデビューして数年で、阿部寛さんに「キモイ!!」とビシッと言える大物ぶり。

これは数年内にドカーンと来そうな女優さんです。

%e8%8a%b1%e5%b1%b1%e8%8c%9c%e3%80%80%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e6%9e%9c%e6%ad%a9

「とと姉ちゃん」では、花山さん(唐沢寿明)の娘役。

唐沢さんの次は、阿部寛って…いろんな名優の娘を立て続けに…なにげに「ザ・娘役女優」ですね。

でも、この経験がきっと次につながっていくはずです。

20歳すぎるころには、主演を張れるようになっていそうですね。

 

「スニッファー」第2話のラストでは、なんとなく父親と仲直りしたような感じでしたが、やっぱり悪い友人とのつながりがまだあるのかな?? 受け取ったブツは捨てていたけど。

 

今後の展開から目が離せないぞ「スニッファー」!!

(´・ω・`)クンカクンカ!

 

-テレビ番組, 女性タレント, 男性タレント, 芸能
-, , , , ,