テレビ番組 ライフ

幕末の天才小栗上野介について!子孫や特技をチェック!

2017/01/05

こんにちは。れおにすです(´・ω・`)ノ

 

林修先生の歴史ミステリーで、幕末の天才「小栗上野介」が紹介されていましたね!

アメリカ相手に毅然とした態度で、強気な交渉をしていたんですね!

日本にもこんな人物がいたんだな~(´・ω・`)

 

気になったので、小栗上野介さんのことを調べてみました!

 

小栗上野介の子孫

小栗上野介さんには子孫がいます。

しかも、結構有名な人物なんです!

 

格闘家 武蔵(むさし)

小栗上野介 子孫

武蔵さんは、「K-1」の格闘家として知られていますよね。

小栗上野介の親戚筋にあたるそうです。

ちなみに、本名は森 昭生さんと言うそうです。

 

漫画家 小栗 かずまた(おぐり かずまた)

漫画家の小栗 かずまた(おぐり かずまた・本名:小栗 又一郎)先生は、

小栗上野介の玄孫(やしゃご)、つまりひ孫の子供、に当たります。

小栗上野介の特技

 

頭脳明晰、交渉が得意、そんな小栗上野介さんの特技は、

弓の名手であり、砲術に長けていた、と言われています。

また、言葉のセンスがずば抜けていたそうです。

それは交渉の場だけで発揮されていたわけでなく、日常生活にも見ることができたそうです。

 

頭の固い役人のことを「製糞器」と名付けていたりしたそうです。

まるで、有吉弘行さんのあだ名付けのようですね。

 

また、「company」という英語を「商社」と訳したのは、小栗上野介さんが最初だとも言われています。

頭が切れる人は、いつの時代もいるものですね(;´∀`)

 

小栗上野介さんがこの現代に生きていたら、どんな仕事をするのでしょうか。

ちょっとだけ見てみたいですね。

-テレビ番組, ライフ
-, ,