ビジネス ライフ 地方ニュース

さくら野百貨店のエマルシェが破産した理由は?今後の運営についても!

2017/04/13

 

どうも!れおにすです。

仙台駅前のさくら野百貨店を経営していたエマルシェという会社が破産手続きに入ったらしいですね…負債総額31億円って書いてあったので驚きました…汗

普通に営業していたので、まさかそんなに大変なことになっているなんて…!

 

一体破産した大きな理由はなんだったのでしょうか。

さくら野百貨店は今後どうなってしまうのでしょうか。

気になったので調べてみました。

 

さくら野百貨店とは

最初は、1946年、昭和21年の6月1日に雑貨店として開業したお店です。そのときの経営会社は丸光合名会社でした。

1953年(昭和28年)10月に百貨店となり、経営母体が再編されています。

丸光→百貨店連合→ダックシティ→ダックビブレと変わっていったそうです。

その流れで、お店の名前も「ダックシティ丸光仙台店」→「仙台ビブレ」と変わりました。

やがてダックビブレも破綻して、2002年(平成14年)にさくら野百貨店となったようです。

経営母体も、初代さくら野百貨店→会社分割→商号変更→エマルシェとなっています。※

これまでも、破産や再編を繰り返してきていたんですね…

(※ご指摘により、文面を修正いたしました。wk7r9nvさんありがとうございます)

 

 

エマルシェが破産した理由

 

ニュース記事によると…

 

近年はアウトレットモールなど郊外型ショッピング施設や近隣のファッションビルとの競争が激化し、売り上げは減少傾向を辿り、業績悪化を余儀なくされていた。

 

とあります。

 

競合が増えたため、ということですが…

 

つまるところ、経営者が時代を読みきれなかった、ということになるのでしょうね…

ネットでの買い物が当たり前になりつつある現代で、実物を売るお店の意義や大切さを見直す時なんだろうな、と個人的に感じています。

ネットは手軽ですが、たまに粗悪品を掴まされますから、お客にも見極める目が必要ですよね。

 

それにしても、ずっと踏ん張っていたお店がなくなるのは、地元の人にとっては切ないことですね…。



さくら野百貨店に入っているテナントはどうなるの?

 

すでに営業を停止しているようですね…(´・ω・`)

 

現在発表されているのは、

 

2月27日午前10時と午後1時より「TKPガーデンシティ仙台(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER21F)にて買掛仕入先向け説明会を開催する。

 

ということだけでのようです。

 

 

-ビジネス, ライフ, 地方ニュース
-