ライフ 未分類

RSウイルス感染症の予防方法は?感染源や消毒液の効果など!

Sponsored Links

どうも、れおにすです。

寒い寒いと思っていたら、

突然暖かくなりましたね。

こういう季節って体調を崩しやすくなるので

ちょっと注意が必要ですよね。

と言いつつも、すでに頭が痛くて

朝から寝込んでいました。

皆さんも気を付けてね~(^_-)-☆

 

さて、体調といえば、

日本各地で「RSウィルス」という

感染症が流行っているらしいんです。

 

呼吸器の感染症らしいのですが、

どのように予防したらよいのでしょうか。

気になったので調べてみたいと思います。

 

Sponsored Links

 

RSウイルスとは?

RSウイルスについて調べたところ

以下の特徴がわかりました。

 

・呼吸器感染症を引き起こすウイルスであること

・0歳~2歳児が最もかかりやすい

・秋から春までが感染しやすい

 

赤ちゃんや小さいお子さんがいる

ご家庭はこれから注意する必要がありますね。

 

感染すると、38~39度の発熱と

鼻水、せきなどいわゆる風邪の症状が出ます。

長くて2週間程度で完治するみたいですが、

悪化すると細気管支炎や肺炎につながることも。

まれに、呼吸困難になったりして

入院が必要になることもあるそうです。

 

もちろん大人でも感染することはあります。

軽い風邪程度でおさまるみたいですが、要注意ですよ!

( ˘•ω•˘ )赤ちゃんを守らなくては!

Sponsored Links

 




 

RSウイルスの感染源は…?

RSウイルスの感染源について

調べてみました。

RSウイルスの感染源としては

やはり「人混み」でうつされることが

多いようです。

 

そして、もうひとつ気を付けたいのが

赤ちゃんが触る「おもちゃ」です。

おもちゃにRSウイルスが

付着することもあるそうで、

一旦付着すると4~7時間は

感染力を保っているとのことです。

大人からおもちゃへ、おもちゃから赤ちゃんへ

と感染してしまうわけですね…。

 

Sponsored Links

 




RSウイルスの有効な予防方法は?

 

RSウイルスの予防方法を調べてみました。

 

1、手洗いを徹底すること

4~7時間は感染力を維持できるRSウイルス。

外から帰ってきたら手洗い!

調理、食事をしたら手洗い!

くしゃみ、鼻をかんだら手洗い!

…と手洗いの癖をつけていきましょう。

 

2、人混みを極力避けること

とはいえ…仕事で電車通勤、

職場はお店でいつも大勢の人と接客する…

など大人の事情もありますよね('◇')ゞ

それなら、マスク、うがい、手洗いを

徹底してカバーしていきましょう!

 

3、おもちゃや子供が触れそうなものを消毒しておこう!

赤ちゃんやお子さんのお気に入りのおもちゃを

こまめに消毒しておきましょう。

アルコールティッシュで拭きあげる習慣を作ろう。

 

赤ちゃんを守ることは

周囲の大人もうつされないように

日々、注意して自己管理をしていく

必要がありますね。

 

Sponsored Links

 




RSウイルス予防アイテムとは

 

最低でも、消毒用のアルコールスプレーや

アルコールティッシュはおうちに常備しておきましょう。

 

また、外出時に装着するマスクも

まとめ買いしておくとよいですね。

 

洗面所には、うがい薬と手洗い用の石鹸を設置して

家族で予防の習慣を作っていくことが大切ですね。

 

まとめ

 

というわけで、今回のまとめです。

 

・RSウイルスは赤ちゃんがかかりやすい

・RSウイルスはひどくなると入院が必要。

・RSウイルスは付着すると4~7時間は感染力を維持できる

・予防には、手洗い、消毒が有効。

・RSウイルスは人混みでもらいやすい。

 

さぁ、あとはウイルスに負けない

元気な体と心を作っていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links

-ライフ, 未分類
-,