Love・Lion・Life

獅子座からやってきた調査員れおにすがいろんなことを調べて、愛を持って書き綴るだけのブログ

テレビ番組 ライフ 芸能

カインとアベルの万年筆について!ブランドや値段をチェック!

2017/01/06

「カインとアベル」はクライマックスへと近づいてきましたね!

優は、ついに取締役になり、追い立てられた兄・隆一は、どんどん壊れていきます。

一体、兄弟は、梓は、家族はどうなってしまうのでしょう・・・!

 

とハラハラしていたら、あの「万年筆」が再登場!

兄・隆一は、ずっと万年筆にこだわっていますね。

 

ところで、あの思い出の父の「万年筆」は、市販されているものなのでしょうか。

 

メーカーはどこなのか、

値段はいくらなのか、

 

気になったので調べてみました(´・ω・`)ノ

 

『カインとアベル』の「万年筆」にまつわるストーリーとは?

 

隆一がこだわっている万年筆は、隆一と優の思い出の品です。

 

兄弟が幼いころ、父から預かった万年筆を海辺で失くしてしまいます。

 

兄弟は一生懸命探しましたが、万年筆はなかなか出てきません。

 

諦めかけたその時…

 

っと、ここから先は、兄弟で記憶が違います。

 

弟・優の万年筆の記憶

弟・優にとって、

兄は常にスーパースターであり、

あこがれの人です。

 

 

主人公である弟・優の記憶では、

万年筆を見つけたのは、兄・隆一でした。

 

 

しかし、この記憶は誤った記憶でした。

 

兄・隆一の万年筆の記憶

失くした万年筆を見つけたのは、

実は、兄・隆一ではなく弟の優でした。

mannenhitu3

まだ小さかった優が万年筆を持っていると、

「また失くしてしまうかもしれない」

と心配した隆一が預かることしたのです。

 

そのまま父の元に戻った兄弟。

万年筆を持った隆一を見た父・貴行が、万年筆を見つけたのは隆一だと勘違いしました。

 

父に褒められる隆一。

その記憶が、優の中で

「万年筆は隆一が見つけた」

と思い込ませたのです。

 

兄・隆一は、そのことを優に明かしていました。

なんともじーんとくるエピソードですね。

 

『カインとアベル』の「万年筆」のメーカーと値段

カインとアベルのエンドクレジットを確認したところ、

「MONTBLANC」

の名前を発見しました!

 

MONTBLANCとは、万年筆をはじめ、

主に男性向けの小物を扱っているブランドですね!

 

ドラマ内で使われた万年筆はこれです。

mannenhitu

これと同じやつ、ほしいですね~!!

 

と思い…販売サイトを探しましたが…

 

(・д・)なぁい!!

(;゚Д゚)なぁい!!

。゚(゚´Д`゚)゚。 どこにもなぁい!!!

 

ですが…!

 

かなり近い感じのものがありました!

mannenhitu5

MONTBLANC

マイスターシュテュック レッドゴールドコーティング 149 万年筆

価格 ¥97,200

 

少しデザインが異なりますね。

ドラマ用に特別に作ったものなのかもしれませんね。

 

もしくは、もともとある万年筆に装飾を加えている可能性もあります。

 

大切な人への贈り物としても、自分の記念としても、

男性なら買って嬉しい、もらって嬉しい逸品ですね!

-テレビ番組, ライフ, 芸能
-, ,